« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

Maria 黒夢

このPV,誰かに借りて観たことあるような気がします。。。

マリア・・・マリア・・・マリア ってやっぱり聖母マリアですよね。

黒夢さん、1月29日に、東京・新宿ステーションスクエアでシークレットライブを行ったそうですが、1曲目の「少年」演奏中に警察から中止要請が入って、わずか1分程で中止となったそうです。

でも、ファンのみなさんには、再始動よかったですね。

関係ないですけど、私、歯が痛い。。。虫歯じゃないけど

親不知当たりの歯茎が腫れてます。

うう・・・痛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖飢魔II 白い奇蹟 エース清水

白い奇蹟(しろいきせき)は、日本のヘヴィメタルバンド・聖飢魔IIの小教典曲。B.D.10年(1989年)8月2日に発布された。作詞はデーモン小暮、作曲はエース清水。 歌詞には、初期の楽曲に見られた悪魔的世界観、暴力的な言葉は存在しません。

エース清水は、1959年3月9日生まれ、兵庫県神戸市出身のミュージシャン(ギタリスト、歌手、コンポーザー、プロデューサー)。

早稲田大学高等学院を経て早稲田大学法学部を卒業、1999年に解散した聖飢魔IIの元構成員で、聖飢魔IIではギターを担当、エース清水 (えーす しみず、Ace shimizu)と名乗っていた。通称「聖飢魔IIの赤い風」。軍帽風の帽子がトレードマーク。

ACEという名前は、学生時代バレーボール部のキャプテン(だがエースアタッカーではなかった)だったことに因み、手先が器用で、聖飢魔IIデビュー当時の衣装(戦闘服と呼ぶ)は自ら材料を集め製作したそうで聖飢魔IIに容姿の影響を与えたと思われ、元祖白塗りメイクバンドキッスのエース・フレーリーとは無関係だそう。

聖飢魔IIの設定に基づくプロフィールによれば、「B.D.100036年3月9日(紀元前98038年3月9日)、地獄のGod's Door(兵庫県神戸市)発生の聖飢魔II初代ドラマー、ドラマー退任後はギタリストになる。

初期はキーボーディストも兼任。

「 元々は魔界に於いて、地獄中央情報局長官の職についていた。」との事で、聖飢魔IIのファンや、公式設定ではエース清水長官、エース長官と、長官の敬称を以って呼ばれている。

1998年の「ふるさと総聖飢魔II計画」では岩手県でのCM撮影においてスタッフからも長官と呼ばれるシーンがあり、長官の敬称は広く用いられている。

ギターを始めたのは中学生時で、ディープ・パープルを聴いてプロを目指すことを決意したという。

オペラ歌手の両親を持つだけでなく、父方の祖父母である清水金太郎・静子も人気オペラ歌手であったという音楽一家の生まれ。

大学在学時代よりプロ活動を開始し、アルバイト感覚で市販バンド・スコアの写譜や譜面起こしを始めるが、センスを買われたのか下書きだけではなく清書まで任され、発展して最終的にはギター、ベースギター、キーボード等の教則本等の執筆を行った。

一方で、つのだ☆ひろ&ジャップス・ギャップスのギタリストとして本格的にデビューする。(但し、このバンドではレコーディングに参加はしておらず、ステージ上の演奏のみである。)

音楽・ロックに必要な技術・理論は大学に入ってから書籍などから独学で学んだ。

とはいえ、上述したような清水家の家庭環境にあって日常生活の中でクラシック音楽に慣れ親しみながら育ったことから、根底にある音楽的素地についてはいわゆる通り一遍のロック小僧上がりのロッカーとは少なからず異なる一面があり、ハードロックに傾倒するようになってからも一音一音のニュアンスやハーモニー、トータリティーを重視するスタイルを基本軸にしてきたギタリストである。

クリアで艶のあるギターの音色が特徴で、彼の奏でるエモーショナルなギターソロは、聖飢魔II後期より「エース節」と称されるようになった。

デビューして間もない頃、明星誌上で行われたインタビューでの自動車は何に乗っているかという質問に対して「地球の空気を汚す行為だから運転はしない。だから免許も持っていない」と回答している。

エフェクターやボリュームペダルを自作し使用していたこともあり、2006年12月にキャパリソンギターズから発売されたギター、ACEシグネチャーモデル「SUSANOH(スサノオ)」には、3つのハムバッキング・ピックアップを操る為のACE考案のオリジナル・コントロールが搭載され、配線等その詳細は企業秘密とされている。

自他共に認められる程「ケンカを売られやすい体質」とのこと。

1999年の聖飢魔II解散後はACEに改名。人間のミュージシャンとして元グラスバレーの本田海月とユニットface to aceを結成し、ギタリスト兼ボーカリストとして活動中。

以上、wikiより引用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »