« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

語り部

http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/peace/japanese/kids/digital/index.html

長崎市内の中学生の手によって一冊の絵本が完成した。絵本のモデルとなったのは被爆者の故 吉田勝二さん。

吉田さんは、長崎県立長崎工業学校造船科に在学中、13歳で原爆の熱戦を浴び大火傷にあい、特に顔面に深い傷跡を残して、差別と故なき言葉の中傷に苛まれてきた。

少年時代には、自殺を考えたと言うギリギリの瀬戸際から平和の発信者として立ち上がり、自らの体をさらして、原爆の無惨さと非人間性を訴え続けて来た被爆語り部、吉田勝二さんは顕著な原爆症のガンにより、今年4月1日に亡くなった。78歳だった。

絵本は紙芝居に形を変え、県内各地で上演。北海道洞爺湖サミットに合わせ札幌市で開かれた原爆展でも披露された。

生命のある限り、語り部として活躍されたことを尊敬します。ご冥福をお祈りします。

生かして頂いてありがとう御座位ます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

8月9日

8月9日は長崎に原爆が投下された日である。今、感覚が早くあって少しせつない。原子爆弾について、知らなかったことが多く、振り返ってみました。

原爆開発

1938年(昭和13年)にドイツで発見された核分裂は、原爆に応用できることが示唆され、1942年(昭和17年)、アメリカはマンハッタン計画を発足させ、当時の日本の国家予算をしのぐ巨費を投じて原爆を開発した。

原爆はドイツを対象に開発されたが、後に目標を日本に変更、京都など18か所が候補に上がったが、結局、1945年(昭和20年)8月6日広島、同9日長崎に投下された。

原爆投下の理由として、早期終戦のためと言われているが、20億ドルを投じたマンハッタン計画を誇示する目的もあった。また、ソ連との冷たい戦争の最初の作戦という性格も持っていた。

長崎と広島で使われた原爆の原料がまずちがい、長崎ではプルトニウム239(239Pu)、広島ではウラン235(235U)が使われた。それらに中性子を衝突させると、それぞれの原子核が2個の原子核に分裂し、その際平均2.5個の中性子が飛び出すと共に、高いエネルギーが発生するという現象を利用したものである。

こうして飛び出した中性子が別のプルトニウム239またはウラン235に衝突するとそれが核分裂をおこし、また平均2.5個の中性子を放出する。この反応がネズミ算式に拡大し、いわゆる核分裂反応をひきおこす。

その第一は原爆は従来の最も強力な爆弾に較べても何千倍、何万倍という桁違いに強力な爆発力を持っていることである。

一時に発生する強大なエネルギーにより、非常に高い温度が出現し、広範囲に熱線を放出し、火災や人体に火傷をおこさせる。また、空気は異常な高圧となり、これが急速に膨張するため、特にその前面が衝撃波となり、その強い爆風が大きな破壊力を発揮する。

 第2の特徴は、火薬による爆弾と異なり、爆発と同時に透過力の強い放射線(ガンマ線や中性子線)を放出すること、また中性子線によって爆心地付近の大地が一面に放射性物質と化したり、いわゆる“死の灰”と呼ばれる核分裂生成物により、広い範囲にわたって、長期間放射線の被曝にさらされることになる。

原爆の威力

長崎原爆はプルトニウム239を使用する原子爆弾であった。 長崎原爆はTNT火薬換算で22,000t(22kt)相当の規模にのぼる。

この規模は、広島に投下されたウラン235の原爆(TNT火薬換算15,000t相当)の1.5倍の威力であった。

長崎市は周りがで囲まれた特徴ある地形であったため、熱線や爆風が山によって遮断された結果、広島よりも被害は軽減されたが、周りが平坦な土地であった場合の被害想定は、広島のそれを超えたとも言われている。

原爆投下時

アメリカは1945年7月に原爆の実験をしたあとの8月6日に広島に原爆を投下した3日後の8月9日に、アメリカのB29は小倉に原爆を投下する予定であったが

小倉に向うものの雲に覆われていたため、第2目標の長崎に向い午前11時2分松山に上空で高度9600メートルから投下し地上500mで爆発した。

仮に最初の標的であった小倉市に投下されていた場合、平坦な土地が広がるために、同市および隣接する現在の北九州市一帯と山口県の下関市まで被害は広がり、死傷者は広島よりも多くなっていたのではないかと推測される

これから

今もなお、アメリカ、ロシア、英国、フランス、中国のほか、インドやパキスタン、イスラエル、2006年に核実験を実施した北朝鮮などで、2万発を超える核兵器が存在している。

たった一発の原子爆弾によって、一瞬にして長崎の街は廃墟と化し、14万人もの死傷者をだした。
原爆被爆の悲惨な体験をもとに、長崎を最後に二度と核兵器による悲劇が繰り返されないよう、核兵器のない世界を実現したいと願う。

まずは、原爆の被害に目を向け、戦争を昔のものと風化させないこと。酷い原爆を投下されたあとの惨状は、目を覆いたくなるが現実に起きたことだと言うことを、はっきりと自覚するには、向き合わなければいけないと思う。

忘れることは簡単でラクなこと。今を楽しみと嬉しいことを追求していることができたらどんなにラクなことだろう。でも、それは多くの犠牲者の上であぐらをかいているだけのことのような気がする。

犠牲者もできたら、今の時代に生まれたかったにちがいない。戦争が起きることのない平和な時代に生まれていたら、やりたいこと食べたいもの、何でも自由に出来たのではないかと、思っているかもしれない。

それができない犠牲者のために、やるべきことは、戦争を起こさない、核を撲滅させて、もし次に生まれ変わってやって来るであろう時代を、より平和に安全に地球を、日本を守っていてあげておきたいものだ。

私たちには、それをする役目があると思う。それが生命を繋がれた現代に生きる私たちの努めなように感じる。

TNT換算http://ja.wikipedia.org/wiki/TNT%E6%8F%9B%E7%AE%97

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Pet Shop Boys - Always on my mind

ペットショップといえば・・・ありましたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペットショップ

アクセルは売れ残りのワンコで実を言うと、三万円でした。血統書つきのシェットランド・シープドッグにしては、1/3~1/4のお値段です。

最初にシェットランド・シープドッグの子犬を抱っこしたペットショップの可愛いと思った仔が、咳をしていたので、そのお店で買うのをやめました。店員さん曰く「風邪かな?」とのことでした。ペットショップは、犬にとっては結構、ストレスが溜まるようです。

欧米先進国は、日本よりペットに対する愛護の法律がとても厳しく、繁殖者、販売者はもちろん、飼養者(飼い主)にも多くの責任や義務を定めていると言われています。

特にイギリスでは、法律に定められていないにもかかわらず、子犬を店頭陳列販売することを、ペットショップ自らが自粛しています。購入希望は、子犬が生まれる前から予約をして出産を待ちペットショップはお客さまの予約を受けて、初めてブリーダーに交配を依頼します。ブリーダーは計画的に繁殖ができるので、無理な繁殖を犬に強いる必要がありません。つまり、子犬を見て選ぶのではなく、良質な子犬を提供してくれるペットショップを選ぶのだそうです。

またアメリカでは州ごとに法規制が決められているようで、ほとんどの州で、生後9週未満の子犬を展示、販売することを禁止しています。やはり、子犬の感染症や社会化期を考慮された販売方法が実践されています。

平成18年6月に施行された、改正動物愛護法は、まだまだ不備な点があるそうですが、今回の法改正で評価できるところは、繁殖業者に対しての、具体的な強化策だそうです。例えば、「母体に過度な負担を与えないよう、繁殖回数を適切にする」や「計画繁殖を行うようにする」などだそうです。

イギリスのように具体的な数値で示していない点が今一歩と言われていますが、日本にしては大きな進歩なんだそうです。さらに、繁殖者の「違反が確認された場合は取引を行わないこと」と謳われていて、一段と優良ブリーダーの選別が必須となりました。これも当然の流れで、不良ブリーダーを締め出すには効果があるそうです。

愛護センターに連れてこられる犬たちの大半は飼われていた犬たちで飼い主やブリーダーから持ち込まれる純血種だそうです。
動物愛護法が存在しているならば、行政は、飼い主と販売業者の双方に対してもっと強い姿勢があっても良いのかもしれないですね。
日本のペットを取り巻く環境が欧米並みになるといいと、思いますけど。ペットショップが困りますかね??

アクセルは生後、他の兄弟より長くブリーダーの元にいたので、もし誰かに引取られなかったら、他の業者に引き取られて「種犬」になっていたかもしれなかったそうです。

クビのマフラー半分しかないし、顔の白い毛はズレてるので血統書付の中ではハンデだったみたい。。。

いや~でも、これがよかったのです。性格がとってもいいです。賢いし、話わかるし、従順であまり吠えないので(飼い主バカ?)、「毛柄が悪くてありがとう!」と思ってます。もし、完璧だったら、今頃はちがうお家のワンコでしたね。うちに来てくれて本当によかったよ。

ブリーダーの方もいい方で、結構、居た時にもよくしつけてたぁ?んじゃないかな?と感じました。電話のやりとりで飼う方にも教育するような、そんな感じを受けました。

大切な命を預ける側の責任としては、厳しい態度もありかと思います。人間の勝手で犬が不幸にならないようにとのことかもしれません。それを思うと、ペットショップのあり方は、サービスを提供するもきちんとした態度でお客様に挑まないとダメかもって思います。

ペットを飼える幸せな世の中ですが、飼い主の生きる態度が、犬の幸せを左右することもあるのじゃなかろうか~。簡単に手にできると思えば、ペットも粗末に扱われちゃうこともあるので、販売のあり方の見直しができたらいいなぁ・・・とか単純な私は思ってしまいます。

ペットショップのワンコを1週間後、心配で見に行ったらいませんでした。「SOLD OUT]になってましたが本当のところどうだったのか、謎です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏ですね。

梅雨が明けて暑い日が続きます。午前中はまだよくても、午後からが太陽さまさまって感じですね。

毛がふさふさなアクセルは「暑いよ~ハァハァ」とゆう感じで、息してます。口を大きく開けて、ハァハァと呼吸をすることで体温を下げるそうです。
犬の体は足の裏のパッドを除いて汗腺が無く、全身から汗をかくことができないので、体温調節があまり上手にできないから「大変だね~扇風機の前におり」って言ってますが、玄関のタイルが冷たくて気持ちいいみたいで、夏は玄関が定位置です。

先日、シャンプーもしてこのお薬をつけました。箱のモデルのワンコもシェルティですね。この毛柄?のワンコはよくドッグフードのモデルにもなってますが、いつも「猿みたい」って思います。茶色の部分がハートみたいです・笑

犬フロントラインプラス(10kg~20kg)6ピペット

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセルの誕生日

Photo

今日はアクセルの誕生日です。子犬の頃に比べると大きくなったな~。。。

七夕じゃないところが、顔の白い毛がずれてる感じみたく可愛いです。

トライ色らしく、眉毛みたいな茶色い「ちょぼ」が大人になって広がって来て、メガネみたくなって来ました。

近頃は抜け毛が多くて、ブラッシングをし出すとやめられなくなります。

いっぱい抜けるので「どこまで抜けるのかな?」とやっていたら、かなり抜けます。

とっても嫌がりますが「ホラ~みてみぃ」とアクセルに見せます。

彼は、臭いかくだけの反応です。

歯磨きも、嫌みたいです。歯ブラシと液体の歯磨きを持って、彼を呼ぶと

耳を倒して、嫌そうな感じでトボトボ歩いて来ます。

犬用の歯磨き粉に「ビーフ味」というものがあるそうで、今度、買ってみたいです。

1本1500円もする高級品です。でも、それで磨いていたテレビのワンコはめっちゃ喜んでました。美味しい味がするのかな。

誕生日、おめでとアクセルくん。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

感動した。

ワールドカップ、日本は惜しかったですね。PK戦ですからね。

4年に一度と思うと何だか切ないです。今度はどんなメンバーで向っていくのかな?

中村俊輔選手は引退すると表明されてますね。本当に、ワールドカップになると出場を敬遠されてるかのようです。2006年に出場はできたものの、世界に通用できる人材がもったいないな・・・の一言です。

大会直前に代表から外された日韓W杯では、、その代表落ちの理由が、当時のトルシエ監督は「ナカムラがいるとベンチが暗くなるから」と説明されたそうです。

ちょっと悲しいですね。ベンチが暗くなるって理由が・・・サッカーを好きで、上手くて、経験があっても人間として、監督の思い描いた人物でなければベンチにも置いてもらえないのが。サッカー経験がないので、よくわかりませんが、この理由を直接伝えられた方はショックだったでしょう。

トルシエの感じた「暗い」というのは、これって創○学会の霊的な垢が影響もしていたのでしょうか?家族が信仰していて、本人は名前だけと言っても影響がやっぱりあるのでしょうか。。。日の丸を背負うとこの影響が出るのでしょうか。であるなら、親は子供の大変なハンデを負わせているのですね。残念です。

チームの雰囲気は大切でしょうけど、監督は日本のことを理解してる人がいいように感じます。

中村俊輔選手の今後の活躍をお祈りすます。

日本代表の皆さん、ありがとうございます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »